Zoom 事前準備 会議の運用

Zoomにおすすめの超高速インターネット回線について

Zoomをセミナー、講演、仕事の打ち合わせや商談などで使用する時は、インターネット回線の準備も大切です。

ネット回線の速度が遅かったり、接続が不安定な場合は、テレビ会議の途中で音声が途切れたり、ビデオの画像が動かずに固まってしまうこともあります。

Zoomを重要な仕事で使う時に、音声やビデオが止まるストレスや不安をなくすために、仕事で使うZoomにおすすめのインターネット回線(NURO光)を紹介します。

Zoomを仕事で使う時には、高速のインターネット光回線の利用がおすすめです

【NURO光】超高速なのに格安のインターネット回線

講師がセミナーや講演などのオンラインイベントで、多くの人が参加する会議を主催する場合ホストには通信が集中するので、その通信量に耐えれるだけの高速なインターネット回線が必要になります。

その他、個人事業主の方や中小企業においても、商談や打合せなどでZoomを使用する時に、ネット回線が不安定なために相手との会話が聞き取りにくいなどのストレスをお客様に与えないためにも、どのインターネット回線を使うかはとても大切です。

Zoomを重要な仕事で使う時、途中でネット回線が途切れたり、接続が不安定になってしまうストレスを無くすためには、超高速で格安のインターネット光回線の「NURO光」がおすすめです。

当サイト運営者もインターネット回線にNURO光を使っています。

 

NURO光の詳細情報や4,5000円キャッシュバック&割引キャンペーンが適用」される公式ページはこちら。

今ならお得なキャッシュバック&割引キャンペーン!

 

NURO光の特徴

NURO光は超高速の光回線で、「最大2Gbps」の超高速な回線なのに、料金は月額5,217円で利用することができます。

NURO光の特徴

  • 回線速度:下り最大 2Gbps、上り最大 1Gbps(オンラインイベントスペースや、e-sportsの大会にも導入されている、超高速の光回線です)
  • 月額料金:5,217円
  • 導入工事料金:実質無料(工事費割賦と同額を月額基本料金から割引)
  • 対応する建物:戸建て、マンション、賃貸アパート(賃貸アパートは事前に大家さんや管理会社へ導入の確認が必要です)

NURO光の回線速度は超高速です!ネット回線速度が重要になるオンラインイベント施設や、e-sports大会が行われる会場にも使われる程、超高速な回線です。

<NURO光 導入施設例>ミーティングスペースAPesports Japan

さらに超高速回線なのに月額料金は5,217円と、お得な月額料金になっています。

特に仕事でZoomを使う時には、高速な光回線は重要になるので、必要経費と考えて早めに導入の検討するのが良いと思います。

しかも、45,000円のキャッシュバックキャンペーンがあるので、実質8カ月以上を無料が使える金額です。キャッシュバック:45,000円 ÷ 5,217円/月 ≒ 8.6カ月分が無料

対応する建物は、「戸建て」や「マンション」そして「賃貸アパート」にも導入ができます!

NURO光を導入時の注意点①~③

NURO光は超高速で格安なインターネット回線ですが、注意点がいくつかあります。

NURO光の注意点①:導入可能エリア

NURO光を導入できるエリア(都道府県)は、下の図に示されている北海道・関東・東海・関西・九州のエリアとなっており、NURO光が利用できるのは限られたエリアです。

<NURO光導入可能エリア>

【NURO光】Zoomにおすすめの超高速インターネット回線について1

 

自宅や職場の住所が、対応エリアかどうかの確認や、最新の提供エリアについては、NURO光キャンペーンページの「新規お申込み・エリア確認」ボタンから導入可能かの確認が出来ます。そこから申し込みまで進まずに、エリアの確認だけもできます。

NURO光の注意点②:申し込み~利用開始までにかかる期間

NURO光に申し込みをしてから、実際に利用できるまでには、1~2カ月程度かかります。申し込みをしてから、2回の工事(1回目:宅内工事、2回目:屋外工事)をする必要があり、工事期間にそれぐらいが掛かります。(工事費用は実質無料)

 

1回目の宅内工事は比較的、予約が取りやすく混雑していなければ申し込みから1週間程度で工事が出来ます。

申し込みの際に、一緒に1回目の工事予約を取れることもあるので、その場合は1回目の工事を予約しておくと利用開始までの期間を短くすることが出来ます。

宅内工事の内容

  • 工事時間:1~2時間程度
  • 工事立ち合い:必要
  • 工事内容:光キャビネットを設置し、そこから部屋の中へ電話線やエアコンダクトなどを使ってケーブルを部屋の中へ引き込みます

 

1回目の工事が終わったら、次は2回目の屋外工事があります。屋外工事には1回目の工事が完了してから1ヶ月程度かかることもあります。工事予約が混雑している場合には、更にかかることもあります。

屋外工事の内容

  • 工事時間:1~2時間程度
  • 工事立ち合い:必要
  • 工事内容:近くの電柱から、ケーブルを建物に引き込みます
光回線の導入には、実際の利用までに余裕を持って申込をしておく必要があります

<NURO光 開通工事の流れが分かる3分動画>

もしNURO光の開通までネット環境がまったく無くて困る場合には、NURO光の申し込み者限定に割引がある格安ポケットwi-fiの利用ができるので、そちらの利用も検討してみて下さい。

申し込み完了後には、申し込み者限定の格安ポケットwi-fiの案内も届きます。

NURO光の注意点③:賃貸アパートに導入する場合は、大家さんや管理会社から承諾を取る

賃貸アパートに導入する場合は、事前に大家さんや建物の管理会社に、NURO光の導入工事の承諾を得る必要があります。

この時、NURO光からは大家さんへ連絡することはありませんので、自分自身で大家さんや管理会社へ連絡する必要があります。

そこで工事内容を伝える時には、、下記リンクぺージの内容を伝えたり見てもらいましょう。管理会社の場合は、メールでリンク送ると、社員の方が確認して工事についての回答を貰えることもあります。

集合住宅向けNURO光 工事内容説明書リンク

※建物の大きさによって、工事内容はA~Cの3つに分かれます。ご自身の建物の大きさから、工事内容を確認する必要があります。

 

<大家さんや管理会社へ工事を伝える時のポイント>

大家さんや管理会社の方は、工事で建物の外壁や部屋の中に穴が開けられたりしないか心配される場合があります。そうすると工事をする承諾が得られない場合もあるので、建物や部屋について、事前に自分でも確認して、工事内容を丁寧に伝えましょう。

宅内工事の伝え方のポイント

ケーブルを部屋の中まで導入するのに「電話線の穴」や「エアコンダクト」の穴が使えることが多いです。これらの穴を使ってケーブルを通すので、部屋の壁に穴を開ける必要がないことを大家さんに伝えると安心してもらえます。工事当日も工事業者の方には、これらの穴を使ってもらい壁に穴を開けないで工事してもらうよう伝えましょう。

屋外工事の伝え方のポイント

比較的新しい建物であれば、電柱からのケーブルを引き込める部品が外壁に既に付いており、それを利用することで外壁に穴を開ける必要がないことがあります。そういったものが無い場合は、ケーブルを外壁に固定するためにビス留めすることがあるかもしれません。

もし外壁にビス留めする許可を大家さんから貰うことが難しい場合には、ビス留めの代わりに両面テープでも工事を行ってもらえます。工事当日に工事業者の方に、両面テープを使用してもらうよう伝えましょう。

今ならお得なキャッシュバック&割引キャンペーン!

 

Zoomの快適なテレビ会議を主催するために、NURO光の導入を検討してみて下さい。

その他のZoomの操作方法は、Zoomの解説記事一覧から、気になる記事を確認してみてください。

-Zoom, 事前準備, 会議の運用

Copyright© ソフト.com , 2021 All Rights Reserved.