Zoom 応用操作 ブレイクアウトルーム機能

Zoomでブレイクアウトルームを開始する方法(自動で割り当て)

Zoomのブレイクアウトルームの機能と使い方の紹介です。

ブレイクアウトルームは参加者を個別のグループに割り振って、グループワークをする時などにとても便利な機能です。参加者をグループへ割り振る方法は、「自動での割り当て」と「手動での割り当て」があります。ここでは、参加者を自動で割り当てて、ブレイクアウトルームを開始する手順を紹介します。

会議中に、グループごとに分かれて話し合いをしたい場合などには、ブレイクアウトルームの機能を使うと便利ですよ

ブレイクアウトルームを開始する方法(自動で割り当て)

ブレイクアウトルームを開始するには、コントロールパネルの「ブレイクルーム」ボタンをクリックします。今回の例では、4人の参加者(参加者A~参加者D)を2つのグループへ振り分けて、ブレイクアウトルームの機能を使ってみます。

Zoomでブレイクアウトルームを開始する方法(自動で割り当て)1

もしブレイクアウトルームのボタンが見つからない場合には、ブレイクアウトルームの機能を有効化していない場合もあります。

その場合は下の記事を参考に、ブレイクアウトルーム機能を有効化させてから会議を開始して下さい。

Zoomで「ブレイクアウトルーム」ボタンが見つからない時に表示させる方法
Zoomで「ブレイクアウトルーム」ボタンが無い時に表示させる方法

Zoomの「ブレイクアウトルーム」は、無料プランでも利用できる機能です。 ですがブレイクアウトルームを使いたいと思ったときに「ブレイクアウトルーム」のボタンが見つからないといった経験はないでしょうか? ...

続きを見る

「ブレイクアウトルーム」ボタンをクリックすると、それぞれの参加者をどのようにグループへ振り分けるかを決める画面が表示されます。

Zoomでブレイクアウトルームを開始する方法(自動で割り当て)2

ここで、一番上の数字は、参加者をいくつのグループに振りかけるかの数を入力します。

その下には、誰をどのグループに振り分けるかの選択を、自動でZoomに任せて行うか、手動で一人ずつホストが振り分けるかを選べます。

その下には、1つのセッション(グループ)当たり、何人の参加者が振り分けられるかの人数が表示されます。

今回は「自動で割り当てる」を選択した場合の進め方をご紹介します

『自動で割り当てる』を選択して「作成」をクリックすると、下の絵のようにルーム1とルーム2のそれぞれに2名ずつの参加者が自動的に割り当てられたことが分かります。

Zoomでブレイクアウトルームを開始する方法(自動で割り当て)3

ここで右下の「すべてのセッションを開始」ボタンをクリックすると、ブレイクアウトルームが開始されます。

 

この時、参加者へは下のようなメッセージが表示され、ブレイクアウトルームへ招待されたことが伝えられます。

Zoomでブレイクアウトルームを開始する方法(自動で割り当て)2

ここで、参加者が「参加」をクリックすると、割り当てられたブレイクアウトルームへ移動します。

Zoomでブレイクアウトルームを開始する方法(自動で割り当て)5

 

ブレイクアウトルームが始まると、ホストは各参加者がブレイクアウトルームへ移動したかどうかを、参加者の横に緑色の丸印がついたかどうかで確認することができます。

また、ブレイクアウトルームを終了したいときには、右下の「すべてのセッションを停止」をクリックします。

Zoomでブレイクアウトルームを開始する方法(自動で割り当て)6

ブレイクアウトルームが終了すると、参加者の画面にはメインセッションへ戻ることが表示されます。

Zoomでブレイクアウトルームを開始する方法(自動で割り当て)7

ブレイクアウトルームには、いろいろな機能があります。ぜひグループワークに活用してみてください。

その他のZoomの操作方法は、Zoomの解説記事一覧から、気になる記事を確認してみてください。

-Zoom, 応用操作, ブレイクアウトルーム機能

Copyright© ソフト.com , 2021 All Rights Reserved.