Zoom 応用操作 会議の運用 参加者の管理

Zoomの参加者を共同ホストに変更する方法

Zoomの会議を複数人で運用したい場合、共同ホストの機能を使うと便利です。

ホストが有料プランに契約している場合、参加者を共同ホストに割り当てることで、複数人での会議運営を行うことが出来るようになります。ここでは参加者を共同ホストに変更する手順を紹介します。

複数人で会議運営をする際に、参加者を共同ホストへ変える時の参考にしてください

参加者を共同ホストに変更する方法

最初に画面下の「参加者」ボタンを押して、右側に参加者画面を表示します。

Zoomの参加者を共同ホストに変更する方法1

 

次に共同ホストに変更したい参加者のところへマウスのポインタを持ってくると、名前の横に「詳細」のボタンが出るので、これをクリックします。

Zoomの参加者を共同ホストに変更する方法2

 

表示されたメニューの中から「共同ホストを作成」をクリックしましょう。

Zoomの参加者を共同ホストに変更する方法3

 

共同ホストの設定をして会議を運用しておけば、万一ホストが会議から退出してしまった場合にも、共同ホストが自動的にホストに変わり、会議運用を安全に継続することが出来ます。

 

参加人数が多い会議などでは、共同ホストの機能を使って複数人で会議運用すると便利です

その他のZoomの操作方法は、Zoomの解説記事一覧から、気になる記事を確認してみてください。

-Zoom, 応用操作, 会議の運用, 参加者の管理

Copyright© ソフト.com , 2021 All Rights Reserved.