Zoom 応用操作 会議の運用 参加者の管理

Zoomのホストの設定で参加者の画面に「ブラウザから起動してください」を表示する

Zoomはアプリをインストールして使用することが推奨されていますが、アプリのインストールが禁止されているパソコンなどでは、ブラウザを使ってZoomのテレビ会議に参加することも可能です。

Zoomへの参加用URLをクリックしたときに、参加者の画面に出る「ブラウザから起動してください」のリンクを参加者がクリックすることで、アプリを使わずにブラウザからZoomへ参加することが出来ます。

はじめから参加者の画面に「ブラウザから起動してください」を表示させるかどうかは、ホスト(主催者)側の設定によって変えることが出来ます。ここではその設定方法を説明します。

Zoomアプリを利用できない参加者のために、ホスト(主催者)がこの設定をしておくと親切です

「ブラウザから起動してください」のリンクを、ホストの設定で参加者の画面に表示させる方法

ホスト側のZoomの設定で、参加者の画面にはじめから「ブラウザから起動してください」のリンクを表示させてたい場合、以下の手順で進めます。

簡単な流れ

  • Zoomにホストのアカウントでサインインします。
  • 設定の画面に入ります。
  • 「ブラウザから参加するリンクを表示します」にチェックを付けます。

それでは、1つずつ見ていきましょう!

1.Zoomにサインインします

Zoomにホストのアカウントでサインインします。Zoomのサイト右上にある「サインイン」のリンクから入ります。

ホストの設定で参加者の画面に「ブラウザから起動してください」を表示する1

Zoomのホームページでサインインしてください

 

2.設定画面に入ります

サインインしたら、「設定」をクリックして設定画面に入ります。

ホストの設定で参加者の画面に「ブラウザから起動してください」を表示する2

設定画面では、Zoomのいろいろな設定を決めることができます

 

3.「ブラウザから参加するリンクを表示します」にチェックを付けます

設定画面を下に進めていくと、「ミーティングにて(詳細)」の中の1つに、「ブラウザから参加するリンクを表示します」の項目があります。

この項目の右側のチェックを付けて有効化することで、設定完了です。

ホストの設定で参加者の画面に「ブラウザから起動してください」を表示する3

設定画面にはたくさんの項目があります。上の設定項目を探してみて下さいね

Zoomに初めて参加する方が多いと思われるようなミーティングでは、ホスト(主催者)がこの設定をしておくと、アプリをインストールできない参加者が、ブラウザからZoomへ参加する際の手間を減らすことが出来ます。

Zoomアプリをインストールせずに、ブラウザから参加する方法はこちら

Zoomへブラウザ(Google Chromeなど)から参加する方法
Zoomへブラウザ(Google Chromeなど)から参加する方法

パソコンにZoomアプリをインストールできない場合、ブラウザを使ってアプリをインストールせずZoomのテレビ会議に参加することが可能です。 Zoomアプリがインストールや起動できない場合には、ブラウザ ...

続きを見る

Zoomアプリを使えない参加者のために、ブラウザから参加できるリンクを表示しておきましょう

その他のZoomの操作方法は、Zoomの解説記事一覧から、気になる記事を確認してみてください。

-Zoom, 応用操作, 会議の運用, 参加者の管理

Copyright© ソフト.com , 2021 All Rights Reserved.