Zoom 応用操作 会議の運用

Zoomを使用中のパソコンの負荷を表示する統計情報

Zoomを使用中に、パソコンの負荷の状況を表示する機能があります。パソコンの負荷が高いと、Zoomの画質が下がったり、最悪の場合、Zoomのソフトやパソコンが落ちてしまうことがあります。ここでは、Zoomを使用中のパソコンの負荷を確認できる「統計情報」の表示方法を紹介します。

Zoomを使用しているときの、パソコンの負荷を確認することができますよ

Zoomを使用中のパソコンの負荷を表示する統計情報

Zoomでの会議中にアプリの設定画面を開くと「統計情報」の項目があります。ここで使用しているパソコンの「CPU」「メモリ」などの負荷状況が表示され、リアルタイムでパソコンの負荷を確認することが出来ます。

Zoomを使用中のパソコンの負荷を表示する統計情報1

 

Zoom自体の負荷が低くても、Zoomと一緒に別のソフトを開いたりしていると、パソコンの負荷が高くなります。パソコンの負荷が高いとき、下のように赤く表示され、横に(高)と文字が出ます。

Zoomを使用中のパソコンの負荷を表示する統計情報2

設定画面の「統計情報」から、パソコンの負荷を確認することができます

パソコンの負荷が高くてZoomの画質が下がったり、Zoomのソフト自体が落ちてしまうような場合には、統計情報を確認してみて下さい。

その他のZoomの操作方法は、Zoomの解説記事一覧から、気になる記事を確認してみてください。

-Zoom, 応用操作, 会議の運用

Copyright© ソフト.com , 2021 All Rights Reserved.