Excel 便利機能・時短技

Excelで小数点以下の「表示桁数」を変更する

エクセルでは小数点以下の桁数を、何桁まで表示させるかを自由に変更することができます。

ここでは、小数点以下の表示桁数を変更する手順をいくつか紹介します。

小数の表示する桁数を変更したい場合の参考にしてみて下さい

小数点以下の表示桁数を変更する方法

小数点以下の表示桁数を変更する方法は、下の3つのどれかを使って変更することができます。

小数点以下の表示桁数を変更する3つの方法

  • 「ホーム」画面の「数値」から「小数点以下の表示桁数を増やす・減らす」ボタンを使う。
  • 右クリックの「セルの書式設定」で、「数値」画面から小数点以下の桁数を指定する。
  • 右クリックの「セルの書式設定」で、「ユーザー定義」画面から小数点以下の桁数を指定する。

表示桁数の変更方法は3つあるので、好きな手順で設定できますよ

上の3つのうち、一番簡単でおススメなのは方法は①「ホーム」画面から変更する手順です。それぞれ順番に手順を説明していきます。

①ホーム画面の「数値」から「小数点以下の表示桁数を増やす・減らす」ボタンを使う方法

まずは、一番簡単でおススメの手順から紹介していきます。「ホーム」画面の「数値」にある「小数点以下の表示桁数を増やす」と「小数点以下の表示桁数を減らす」ボタンを使います。

Excelで小数点以下の表示桁数を変更する1

この「小数点以下の表示桁数を増やす」と「小数点以下の表示桁数を減らす」の、それぞれのボタンを押すと、小数点以下の表示桁数が変わります。

下の例では「1.235」と表示された小数を、2桁ずつ表示桁数を増やしたり、減らしたりしています。

Excelで小数点以下の表示桁数を変更する2

表示されていない小数の桁は、四捨五入して表示されていますよ

このボタンは、1回クリックする毎に小数点以下の表示桁数を増やしたり、減らしたりの変化を見ながら変更できるので、簡単でとても使いやすいボタンです。ぜひ活用してみて下さい。

 

次に、別の方法での表示桁数の変更方法を紹介します。

②右クリックの「セルの書式設定」で、「数値」画面から小数点以下の桁数を指定する方法

次は右クリックから変更する手順です。右クリックで表示されるメニューから「セルの書式設定」を選んで、「数値」画面から「小数点以下の桁数の表示」に桁数を指定します。

Excelで小数点以下の表示桁数を変更する3

今回の例では、5桁を指定してみます

表示桁数を5桁に指定すると、指定した桁で表示されました。

Excelで小数点以下の表示桁数を変更する4

この方法は表示桁数を指定して使いたい場合に便利です

 

最後に、また別の手順での変更方法を紹介します。

③右クリックの「セルの書式設定」で、「ユーザー定義」画面から小数点以下の桁数を指定する方法

先ほどの「セルの書式設定」から変更するところまでは同じ手順ですが、「ユーザー定義」にも表示桁数の変更が出来ます。「ユーザー定義」の最後の方に、小数点以下の表示桁数を1桁ずつ変えた形式があるので、ここから使いたい表示形式を選びます。

Excelで小数点以下の表示桁数を変更する5

ユーザー定義からも、表示桁数を変更できますよ

小数点以下の表示桁数を変更する際の参考にしてみて下さい。

その他のExcelの操作・関数は、Excelの操作・関数の解説一覧から、気になる記事を確認してみてください。

-Excel, 便利機能・時短技

Copyright© ソフト.com , 2021 All Rights Reserved.