Excel 便利機能・時短技

Excelで数値の先頭の「0」を消さずに表示する「文字化」

エクセルで数値の先頭に「0」を入力した時に、0は自動で消えてしまいます。ここでは、数値の先頭の「0」を消さずに表示する方法を紹介します。

社員番号、学籍番号、銀行口座番号などで、数値の先頭に0を付けて表示したい時の参考にしてみて下さい

数値の先頭に「0」を表示する方法

数値の先頭に「0」を表示する方法は、下の2つのどちらかで変更することができます。

数値の先頭に「0」を表示する2つの方法

  • セルの先頭に ' クオーテーションを付ける。
  • 右クリックメニューから「セルの書式設定」で「文字列」を選択する。

どちらも、セルの値を文字として認識させる設定です

セルの値を文字として認識させることで、数値の先頭の「0」が表示できるようになります。

それでは、実際の設定手順を紹介します。

①セルの先頭に ' クオーテーションを付ける方法

例えばセルに「00001」と入力してエンターを押したとき、表示は「1」に変わってしまいます。

Excelで数値の先頭に「0」を表示する1

「00001」と入力しても、0は消えて「1」へ勝手に書き変わってしまいます

 

ここで「00001」と表示させるには、先頭に「 ' クオーテーション」を入力することで表示させることができます。先頭にクオーテーションを入力した場合は、そのセルの値は文字として認識されるので、先頭の「0」が消えずにそのまま表示されるようになります。

Excelで数値の先頭に「0」を表示する3

 

②右クリックメニューから「セルの書式設定」で「文字列」を選択する方法

クオーテーションを付ける以外にも数値の先頭に「0」を表示させる方法として、セルの右クリックで表示されるメニューから「セルの書式設定」をクリックし、「文字列」を選択する方法があります。この場合も入力したデータは、文字として認識されるので、数値の先頭の「0」は表示されるようになります。

Excelで数値の先頭に「0」を表示する5

数値の先頭に「0」を表示させたい時は、文字列にすることで表示できますよ

その他のExcelの操作・関数は、Excelの操作・関数の解説一覧から、気になる記事を確認してみてください。

-Excel, 便利機能・時短技

Copyright© ソフト.com , 2021 All Rights Reserved.