Excel 関数一覧:50音順 関数一覧:ABC順

Excelで特定の曜日・祭日を除いて、指定した日数だけ後の日付を求めるWORKDAY.INTL関数の使い方

エクセルで指定した日数だけ後の日付を求める関数の紹介です。

特定の曜日と祭日を除外して、指定した日数だけ後の日付を求めたいときはWORKDAY.INTL関数を使います。稼働日や営業日をもとに、期日を指定したい場合などに使用すると便利な関数です。ここではWORKDAY.INTL関数の機能と使い方を紹介していきます。

もし除外する曜日を土日に指定したい場合は、WORKDAY関数が使えるので、下の記事を参考にしてみて下さい。

Excelで土日と指定日を除外して、指定した日数だけ後の日付を求めるWORKDAY関数の使い方
Excelで土日・祭日を除いて、指定した日数だけ後の日付を求めるWORKDAY関数の使い方

エクセルで指定した日数だけ後の日付を求める関数の紹介です。 土日と祭日を除外して、指定した日数だけ後の日付を求めたいときはWORKDAY関数を使います。稼働日や営業日をもとに、期日を指定したい場合など ...

続きを見る

稼働日や営業日を基準に、指定した日数だけ後の日付を求めたいときなどに活用してみて下さい

WORKDAY.INTL関数

特定の曜日と指定した祭日を除外して、指定した日数だけ後の日付を求める関数です。

WORKDAY.INTL関数の書き方

Excelで特定の曜日・祭日を除いて、指定した日数だけ後の日付を求めるWORKDAY.INTL関数の使い方1

WORKDAY.INTL関数では、日付の基準となる「開始日」と、何日後の日付を求めるかの「日数」、除外する「週末」と「祭日」を関数の中に指定します。

ここで、「週末」の曜日の指定は、下の「1~7、11~17」の14種類の番号で指定できます。それぞれの番号と曜日は、下の表のように対応しています。

「週末」の番号と、「除外される曜日」の対応表

除外される曜日
「週末」番号:1 土、日
「週末」番号:2 日、月
「週末」番号:3 月、火
「週末」番号:4 火、水
「週末」番号:5 水、木
「週末」番号:6 木、金
「週末」番号:7 金、土
「週末」番号:11
「週末」番号:12
「週末」番号:13
「週末」番号:14
「週末」番号:15
「週末」番号:16
「週末」番号:17
除外する曜日は、上の表から自由に選択することが出来ます

曜日の指定とは別に、特定の日を除外する場合は、「祭日」の箇所に日付を指定して除外することが出来ます。

次は実際にWORKDAY.INTL関数を使って、特定の曜日・祭日を除外して、指定した日数だけ後の日付を求めてみます。

WORKDAY.INTL関数の実際の使い方

下の図のようにWORKDAY.INTL関数を使って、特定の曜日・祭日を除外して、指定した日数だけ後の日付を求めてみます。WORKDAY.INTL関数の中に「開始日」「日数」「週末」「祭日」を指定します。

Excelで特定の曜日・祭日を除いて、指定した日数だけ後の日付を求めるWORKDAY.INTL関数の使い方2

 

今回、「開始日」に2021年2月1日、「日数」に10、「週末」に「1:土日」、祭日に2021年2月11日(建国記念日)を指定したので、2月1日から、土日と祭日(2月11日)を除いて10日後の、2021年2月16日が求められます。

Excelで特定の曜日・祭日を除いて、指定した日数だけ後の日付を求めるWORKDAY.INTL関数の使い方3

 

次の例では、「開始日」に2021年3月30日、「日数」にマイナスを指定して、「週末」に「11:日」、祭日に2021年2月11日(建国記念日)を指定したので、3月30日から、日と祭日(2月11日)を除いて15日前の、2021年3月11日が求められます。

Excelで特定の曜日・祭日を除いて、指定した日数だけ後の日付を求めるWORKDAY.INTL関数の使い方4

この例では、「日数」に「-15」を指定したので、日曜と祭日を除いて15日前の日付が求められます

特定の曜日と祭日を除いて、指定した日数だけ前後した日付を求めたいときは、WORKDAY.INTL関数が使えるのでぜひ活用してみて下さい。

その他のExcelの操作・関数は、Excelの操作・関数の解説一覧から、気になる記事を確認してみてください。

-Excel, 関数一覧:50音順, 関数一覧:ABC順

Copyright© ソフト.com , 2021 All Rights Reserved.