Excel 関数一覧:50音順 関数一覧:ABC順

Excelで基準値の倍数に切り捨てるFLOOR関数の使い方

エクセルで基準値の倍数に切り捨てる関数の紹介です。

特定の数の倍数で切り捨てをしたいときに、FLOOR関数を使います。ここでは基準値の倍数で切り捨てするFLOOR関数の機能と使い方を紹介していきます。この関数は、切り捨てる数が正、基準値が負と符号が違うときは計算できません。

ある倍数で切り捨てできるエクセル関数です

FLOOR関数

基準値の倍数で切り捨てする関数です。基準値は自由に指定することができます。

FLOOR関数の書き方

Excelで基準値の倍数に切り捨てるFLOOR関数の使い方1FLOOR関数では、切り捨てする「数値」と、どの数の倍数で切り捨てるかの「基準値」を指定します。

数値:切り捨てしたい数値を指定します。

基準値:この数の倍数で、数値が切り捨てられます。

※FLOOR関数は、「数値が正」と「基準値が負」で符号が違うときはエラーとなります。

次は実際にFLOOR関数を使って、指定した数値を基準値の倍数に切り捨てしてみます。

実際の使用例を確認してみましょう

FLOOR関数の実際の使い方

下の図のように、数値と基準値を指定して切り捨てた数を求めてみます。FLOOR関数を使って、関数の中にセルを指定します。

Excelで基準値の倍数に切り捨てるFLOOR関数の使い方2

基準値である4の倍数は、4,8,12,16・・・となるので、15より小さい4の倍数:12に切り捨てられます。

Excelで基準値の倍数に切り捨てるFLOOR関数の使い方3

4の倍数で切り捨てられました

 

「数値」を正、「基準値」を負の数に指定した場合はエラーになります。

「数値」「基準値」も両方とも負にした場合は、指定した数値以上に切り捨てられます。

Excelで基準値の倍数に切り捨てるFLOOR関数の使い方4

 

基準値に小数を指定した場合は、小数を含めた倍数に切り捨てられます。

Excelで基準値の倍数に切り捨てるFLOOR関数の使い方5

4.3の倍数は「4.3、8.6、12.9・・・」となるので、12.9で切り捨てられます

 

「数値」に負の数、「基準値」に正の数を指定した場合は、指定した負の数値以下に切り捨てられます。

Excelで基準値の倍数に切り捨てるFLOOR関数の使い方6

それぞれ、指定した基準値の倍数で切り捨てられた数を求めることが出来ました。

FLOOR関数を使うと、基準値の倍数で切り捨てた数を求めることができるので、ぜひ活用してみて下さい。

FLOOR関数と似た関数で、FLOOR.PRECISE関数があります。この関数は数値と基準値の符号が違うときもエラーが出ず計算することが出来ます。また、負の数値を切り捨てる時の計算内容を指定できるFLOOR.MATH関数もあるので下の記事を参考にしてみて下さい。

Excelで基準値の倍数に切り捨てるFLOOR.PRECISE関数の使い方
Excelで基準値の倍数に切り捨てるFLOOR.PRECISE関数の使い方

エクセルで基準値の倍数に切り捨てる関数の紹介です。 特定の数の倍数で切り捨てをしたいときに、FLOOR.PRECISE関数を使います。ここでは基準値の倍数で切り捨てするFLOOR.PRECISE関数の ...

続きを見る

Excelで基準値の倍数に切り捨てるFLOOR.MATH関数の使い方
Excelで基準値の倍数に切り捨てるFLOOR.MATH関数の使い方

エクセルで基準値の倍数に切り捨てる関数の紹介です。 特定の数の倍数で切り捨てをしたいときに、FLOOR.MATH関数を使います。ここでは基準値の倍数で切り捨てするFLOOR.MATH関数の機能と使い方 ...

続きを見る

切り捨てには「床」を意味する英語:FLOORが使われていますが、切り上げには「天井」を意味する英語:CEILINGが使われています。英語の意味を知っておくとエクセル関数も少し覚えやすいですね

その他のExcelの操作・関数は、Excelの操作・関数の解説一覧から、気になる記事を確認してみてください。

-Excel, 関数一覧:50音順, 関数一覧:ABC順

Copyright© ソフト.com , 2021 All Rights Reserved.