Excel 関数一覧:50音順 関数一覧:ABC順

Excelで2つの日付の間の年数・月数を求めるDATEDIF関数の使い方

エクセルで2つの日付から、その間の年数・月数を計算する関数の紹介です。

2つの日付の年数や月数を計算したいときはDATEDIF関数を使います。ここではDATEDIF関数の機能と使い方を紹介していきます。

ある期間の年数や月数を計算したい時に、便利な関数です

DATEDIF関数

2つの日付の間の年数や、月数を計算する関数です。

DATEDIF関数の書き方

Excelで2つの日付の間の年数・月数を計算するDATEDIF関数の使い方1DATEDIF関数は、「開始日」「終了日」と、年数や月数などの「単位」を関数の中に指定します。

関数の中に2つの日付(開始日・終了日)を指定することで、その間の年数や月数が計算できます。

単位の指定には、下のように6種類を指定できます。

単位 計算内容
”Y” 年数
”M” 月数
”D” 日数
”YM” 年数は無視した月数
”YD” 年数は無視した日数
”MD” 年数・月数を無視した日数(不正確な計算がされる可能性があるため、”MD”はMicrosoftより使用は推奨されていません)

DATEIF関数では年数や月数、日数などを計算できますが、「日数」の計算であれば計算がより簡単なDAYS関数でも求めることができるのでおススメです。

Excelで2つの日付の間の日数を計算するDAYS関数の使い方
Excelで2つの日付の間の、日数を求めるDAYS関数の使い方

エクセルで2つの日付から、その間の日数を求める関数の紹介です。 日付間の日数を計算したいときはDAYS関数を使います。ここではDAYS関数の機能と使い方を紹介していきます。 日数を計算したい時に、便利 ...

続きを見る

DATEDIF関数は、年数や月数の計算に便利な関数です

※DATEDIF関数はエクセルのバージョンによって、関数の検索などから挿入することができないことがあります。もしDATEDIF関数が見つからない場合は、手で直接セルに関数を打ち込んで使用して下さい。

次は実際にDATEDIF関数を使って、年数や月数を計算してみます。

DATEDIF関数の実際の使い方

下の図のようにDATEDIF関数を使って、2つの日付の間の「年数」や「月数」を計算してみます。DATEDIF関数の中に「開始日」と「終了日」「単位」を指定します。

Excelで2つの日付の間の年数・月数を計算するDATEDIF関数の使い方2

 

この例では、開始日を「2019年10月5日」、終了日を「2021年11月10日」、単位を「”Y"」の「年」と指定したので、開始日から終了日までの年数が「2年」と求められます。

Excelで2つの日付の間の年数・月数を計算するDATEDIF関数の使い方3

 

次の例では、開始日を「2019年8月3日」、終了日を「2021年12月15日」、単位を「”M"」の「月」と指定したので、開始日から終了日までの月数が「28ヶ月」と求められます。

Excelで2つの日付の間の年数・月数を計算するDATEDIF関数の使い方4

2つの日付の間の「年数」や「月数」を計算したいときは、DATEDIF関数が使えるのでぜひ活用してみて下さい。

その他のExcelの操作・関数は、Excelの操作・関数の解説一覧から、気になる記事を確認してみてください。

-Excel, 関数一覧:50音順, 関数一覧:ABC順

Copyright© ソフト.com , 2021 All Rights Reserved.