Excel

Excelでデータが入力されたセルの個数を数えるCOUNTA関数の使い方

エクセルでデータが入力されたセルの個数を数える関数の紹介です。

データが入力されたセルを数えたいときにはCOUNTA関数を使います。ここではCOUNTA関数の機能と使い方を紹介していきます。

データが入力されたセルを数える時に役立つエクセル関数です

COUNTA関数

データが入力されたセルの個数を数える関数です。データは数値に限らず、文字が入力されたセルやエラーのセルも数えられます。

COUNTA関数の書き方

Excelでデータが入力されたセルの個数を数えるCOUNTA関数の使い方1

COUNT関数では、データが入力されたセルの個数を数えたい複数のセルを関数の中に指定します。

もしセルに文字が入力されていたり、計算でエラーになっている場合は、そのセルは除外された個数が計算されます。

次は実際にCOUNT関数を使って、データが入力されたセルの個数を数えてみます。

実際の使用例を確認してみましょう

COUNT関数の実際の使い方

下の図のように、データが入力されたセルの個数を数えてみます。COUNTA関数を使って、個数を数えるセルを選択します。

Excelでデータが入力されたセルの個数を数えるCOUNTA関数の使い方2

 

この例では、出欠が入力された人数である「4」人が求められました。

Excelでデータが入力されたセルの個数を数えるCOUNTA関数の使い方3

文字が入力されたセルを数える場合などに、COUNTA関数は便利です

COUNTA関数を使うと、データが入力されたセルの個数を数えることができるので、ぜひ活用してみて下さい。

もし文字やエラーのセルを含めず、数値が入力されたセルだけを数えたい場合は、COUNT関数が使えるので下の記事を参考にしてみて下さい。

Excelで数値が入力されたセルの個数を数えるCOUNT関数の使い方
Excelで数値が入力されたセルの個数を数えるCOUNT関数の使い方

エクセルで数値が入力されたセルの個数を数える関数の紹介です。 数値が入力されたセルを数えたいときにはCOUNT関数を使います。ここではCOUNT関数の機能と使い方を紹介していきます。 数値が入力された ...

続きを見る

その他のExcelの操作・関数は、Excelの操作・関数の解説一覧から、気になる記事を確認してみてください。

-Excel

Copyright© ソフト.com , 2021 All Rights Reserved.