Excel

Excelで日付がその年の「第何週目」かを計算するWEEKNUM関数の使い方

エクセルで日付がその年の「第何週目」かを計算する関数の紹介です。

日付から、その年の元旦から数えて第何週目か計算したいときにはWEEKNUM関数を使います。ここではWEEKNUM関数の機能と使い方を紹介していきます。

WEEKDAY関数

日付がその年の第何週目かを計算する関数です。

WEEKNUM関数の書き方

Excelで日付がその年の「第何週目」かを計算するWEEKNUM関数の使い方1

WEEKNUM関数は、「日付(シリアル値)」と、週が切り替わる曜日を決める「週の基準」の番号を関数の中に指定します。

週が切り替わる曜日を決める「週の基準」は、下の「1~2、11~17、21」の10種類が指定できます。それぞれの「週の基準」の番号は、下の図のように数値と曜日が対応しています。

 

「週の基準」の番号と、「週が切り替わる曜日」の対応表

週の基準 週が切り替わる「曜日」 備考
週の基準:1 日曜日 基準17と同じです
週の基準:2 月曜日 基準11と同じです
週の基準:11 月曜日 基準2と同じです
週の基準:12 火曜日
週の基準:13 水曜日
週の基準:14 木曜日
週の基準:15 金曜日
週の基準:16 土曜日
週の基準:17 日曜日 基準1と同じです
週の基準:21 月曜日 元旦でも週は切り替わらず、月曜で切り替わります

※週の基準が「21」以外は、元旦が第1週になります。

次は実際にWEEKNUM関数を使って、日付が第何週目かを計算してみます。

WEEKNUM関数の実際の使い方

下の図のようにWEEKNUM関数を使って、日付が「第何週目」にを表示します。ここでは、全ての週の基準(1~3、11~17)で、第何週目に計算されるかを確認してみます。

WEEKNUM関数の中に、「日付」と「週の基準」を指定します。

Excelで日付がその年の「第何週目」かを計算するWEEKNUM関数の使い方3

指定する「週の基準」ごとに、下の図のように第何週目かが計算されます。

Excelで日付がその年の「第何週目」かを計算するWEEKNUM関数の使い方4

日付に対応する週の数が計算されました

日付が第何週目かを計算したいときは、WEEKNUM関数が使えるのでぜひ活用してみて下さい。

その他のExcelの操作・関数は、Excelの操作・関数の解説一覧から、気になる記事を確認してみてください。

-Excel

Copyright© ソフト.com , 2021 All Rights Reserved.