Excel

Excelで現在の日付を自動入力するTODAY関数の使い方

エクセルで現在の日付を自動入力する関数の紹介です。

現在の日付を求めるときはTODAY関数を使います。ここではTODAY関数の機能と使い方を紹介していきます。

現在の日付と一緒に時刻も入力したい時は、NOW関数があるので下の記事を参考にしてみて下さい。

Excelで現在の日時を自動入力するNOW関数の使い方
Excelで現在の日時を自動入力するNOW関数の使い方

エクセルで現在の日付と時刻を自動入力する関数の紹介です。 現在の日時を入力するときはNOW関数を使います。ここではNOW関数の機能と使い方を紹介していきます。 日付だけを入力したい時は、TODAY関数 ...

続きを見る

ファイルを開いた日付をセルに自動で入力する関数です

TODAY関数

現在の日付を自動入力する関数です。ファイルを開いた日付が自動的に入力されます。

TODAY関数の書き方

Excelで現在の日付を求めるTODAY関数の使い方1

TODAY関数は、カッコ()の中に引数を指定する必要はありません。TODAY関数を使うとエクセルのファイルを開いた日の日付が、自動入力されます。

ファイルを開くたびに日付は自動更新されるので、日付を変更したくない場合には注意が必要です。

次は実際にTODAY関数を使って、現在の日付を自動入力してみます。

TODAY関数の実施の使い方

下の図のようにTODAY関数を使って、現在の日付を自動入力してみます。

Excelで現在の日付を自動入力するTODAY関数の使い方2

 

セルにファイルを開いている現在の日付が表示されます。

Excelで現在の日付を自動入力するTODAY関数の使い方3

TODAY関数で入力される日付は、ファイルを開いた日付けに更新されていきます

 

TODAY関数に数を足したり、引いたりすることで、現在から前後の日付を表示させることが出来ます。

例)10日後の日付:TODAY関数+10、3日前の日付:TODAY関数-3

Excelで現在の日付を自動入力するTODAY関数の使い方4

表示させる日付を前後させることもできます

現在の日付を自動で入力したいときは、TODAY関数が使えるのでぜひ活用してみて下さい。

その他のExcelの操作・関数は、Excelの操作・関数の解説一覧から、気になる記事を確認してみてください。

-Excel

Copyright© ソフト.com , 2021 All Rights Reserved.