Excel

Excelで角度をラジアンに変換するRADIANS関数の使い方

エクセルで角度をラジアンに変換する関数の紹介です。

高校数学で習う「角度をラジアンに変換」するような計算にRADIANS関数が使えます。ここではRADIANS関数の機能と使い方を紹介していきます。

角度をラジアンに変換する時に役立つエクセル関数です

RADIANS関数

角度をラジアンに変換する関数です。

RADIANS関数の書き方

Excelで角度からラジアンに変換するRADIANS関数の使い方1

RADIANS関数では、ラジアンに変換する「角度」を指定します。

角度とラジアンは、下の式の関係になっています。これをRADIANS関数で求めることが出来ます。

$$\Large{1}(rad)= \frac{180}{π}(°)={57.29…}(°)$$

1ラジアンは約57度です

次は実際にRADIANS関数を使って、角度をラジアンに変換してみます。

実際の使用例を確認してみましょう

RADIANS関数の実際の使い方

下の図のように、角度をラジアンに変換してみます。RADIANS関数を使って、ラジアンに変換する「角度」のセルを選択します。

Excelで角度からラジアンに変換するRADIANS関数の使い方2

 

これで角度:90度がラジアン:約1.57に変換されました。

Excelで角度からラジアンに変換するRADIANS関数の使い方3

RADIANS関数で、角度がラジアンに変換されました

RADIANS関数を使うと、角度をラジアンに変換することができるので、ぜひ活用してみて下さい。

その他のExcelの操作・関数は、Excelの操作・関数の解説一覧から、気になる記事を確認してみてください。

-Excel

Copyright© ソフト.com , 2021 All Rights Reserved.