Excel 便利機能・時短技

Excelで印刷時にページからのはみ出しを防ぐ印刷設定

エクセルの印刷範囲の設定方法の紹介です。

エクセルで表を印刷した時に、右端がはみ出して2ページ目に印刷されてしまうミスの経験があると思います。ここでは、印刷時のはみ出しを防ぐ印刷設定を紹介します。

エクセルで印刷ミスを修正したいときの参考にして下さいね

印刷時にページからのはみ出しを防ぐ印刷設定

エクセルで表を印刷するときに、例えば下の図のように「D列からL列までを1ページで印刷したい」場合を考えてみます。

Excelで印刷時にページからのはみ出しを防ぐ印刷設定1

 

この時に、そのまま印刷すると表の右端がページからはみ出て、2ページ目に印刷されてしまう時があります。

Excelで印刷時にページからのはみ出しを防ぐ印刷設定2

1つの表が2ページに分かれて印刷されてしまうことがあります

 

この表を1ページに収めて印刷したい時には、「表示」の画面から「改ページプレビュー」をクリックすることで、印刷範囲の確認が出来ます。この画面では、J列とK列の間に青色の点線があり、ここで1ページ目と2ページ目が分かれていることになります。

Excelで印刷時にページからのはみ出しを防ぐ印刷設定3

青色の点線より左側が1ページ、右側が2ページと薄く表示されており、ページが分かれています

 

次にこの青色の点線をマウスでドラッグして、右側に移動させると表の全てを1ページに収めることが出来ます。

Excelで印刷時にページからのはみ出しを防ぐ印刷設定4

これで、表を1ページに収めることができました

 

印刷画面を確認すると、表のすべての範囲が1ページに収まっていることが分かります。

Excelで印刷時にページからのはみ出しを防ぐ印刷設定5

エクセルで表を印刷する時の参考にしてみて下さい

その他のExcelの操作・関数は、Excelの操作・関数の解説一覧から、気になる記事を確認してみてください。

-Excel, 便利機能・時短技

Copyright© ソフト.com , 2021 All Rights Reserved.