Excel

Excelを「PDFファイルに変換」する

エクセルで作った表をPDFにしたい時に、専用のソフトなどを使わずにPDF変換することができます。ここでは、エクセルで作成したデータをPDF変換して保存する手順を紹介します。

PDFにする時の参考にしてください

ExcelをPDFにする方法

PDFに変換する方法は、下の2つのどちらかで行うことができます。

エクセルをPDFに変換する2つの方法

  • 「名前を付けて保存」からPDF形式で保存する。
  • 「印刷」でプリンターに「Microsoft Print to PDF」を選択して印刷・保存する。
上の手順のどちらでも、特別なソフトなどを使わずにエクセルだけでPDFが作れますよ

それでは、実際の手順を1つずつ見ていきます。

①「名前を付けて保存」からPDF形式で保存する方法

「名前を付けて保存」画面で、ファイルの種類に「PDF」を選択します。

ExcelをPDFに変換する1

これで保存を行うと、PDFファイルとして保存できます。

ExcelをPDFに変換する2

ファイル形式をPDFに変えるだけで出来ますよ

 

②「印刷」でプリンターに「Microsoft Print to PDF」を選択して印刷・保存する方法

「印刷」画面からPDFにする手順では、プリンターに「Microsoft Print to PDF」を選択します。これはWindows10のパソコンで使用できる機能です。

ExcelをPDFに変換する3

「Microsoft Print to PDF」を選択して印刷すると、「印刷結果を名前を付けて保存」の画面が表示されるので、保存場所とファイル名を指定すれば、PDFファイルを保存することが出来ます。

ExcelをPDFに変換する4

エクセルからPDFファイルを作成するときの参考にしてみて下さい

その他のExcelの操作・関数は、Excelの操作・関数の解説一覧から、気になる記事を確認してみてください。

-Excel

Copyright© ソフト.com , 2021 All Rights Reserved.