Dropbox

Dropboxで上書きしたファイルを過去の状態に戻す方法

Dropboxに保存しているファイルを、間違えて上書きしてしまった場合には、過去30日以内であれば好きな時のバージョンへ戻すことができます。

自分のパソコンに保存しているファイルだと、上書き保存したファイルを過去の状態に戻すことが出来ません。ただ、ドロップボックスにファイルを保存しておけば、いつでも過去30日以内の状態へ戻すことが出来ます。

ここでは、Dropboxで上書きしたファイルを過去の状態に戻す方法を紹介します。

大事なファイルはDropboxに保存しておくと、間違えて上書きしてしまった場合にも、過去の状態へ戻すことができるので安心ですよ!

Dropboxで上書きしたファイルを過去の状態に戻す方法

Dropboxで上書きしたファイルを過去の状態に戻すにはDropboxのデスクトップアプリではなくDropboxのホームページから行います。ホームページでDropboxへログインした後に、過去の状態に戻したいファイルへマウスカーソルを合わせます。

Dropboxで上書きしたファイルを過去の状態に戻す方法1

 

マウスカーソルを合わせると、右側に「・・・」が表示されるので、これをクリックします。するといくつかのメニューが表示されるので、表示されたメニューの中から「バージョン履歴」をクリックします。

Dropboxで上書きしたファイルを過去の状態に戻す方法2

 

すると、このファイルが上書き保存された日付や時間が表示されます。ここから、過去の戻したい時のデータを選ぶことが出来ます。過去の戻したい時のファイルへマウスカーソルと合わせ、右側に表示される「復元」のボタンをクリックします。

上書きしたファイルを過去の状態に戻す方法3

 

最後にバージョンの復元内容が表示されるので、「復元」のボタンをクリックします。

上書きしたファイルを過去の状態に戻す方法4

これで、上書きしたファイルでも過去の状態に戻すことができますよ!

今回は、Dropboxで上書きしたファイルを過去の状態に戻す方法の紹介でした。

その他のDropboxの操作方法は、Dropboxの解説記事一覧から、気になる記事を確認してみてください。

-Dropbox

Copyright© ソフト.com , 2021 All Rights Reserved.