Dropbox

Dropboxで削除したファイルを復元する方法

Dropboxに保存したファイルは、削除してから30日以内であればいつでも復元することができます。

必要なファイルを間違えて削除してしまった場合や、要らないと思って削除したけれど後から必要になったファイルなどを復元することができるので、Dropboxはとても便利です。

ここでは、Dropboxで削除したファイルの復元方法を紹介します。

Dropboxの中にあるファイルは、削除してからも30日間はデータが残っているので、いつでも復元することができます!

Dropboxで削除したファイルを復元する方法

Dropboxで削除したファイルを復元するには、DropboxのデスクトップアプリではなくDropboxのホームページから行います。ホームページでDropboxへログインした後に、左側のメニューから「削除したファイル」をクリックします。

Dropboxで削除したファイルを復元する方法1

 

ここに、過去30日間に削除されたファイルやフォルダが表示されます。この中から復元したいファイルを選択します。

Dropboxで削除したファイルを復元する方法2

選択したファイルが大きく表示されるので、右下にある「復元」のボタンをクリックします。

Dropboxで削除したファイルを復元する方法3

 

画面下に復元中と表示され、この表示が消えると元あったフォルダの中にファイルが復元されています。

Dropboxで削除したファイルを復元する方法4

削除したファイルの復元は、上の手順で簡単にできますよ!

もし、削除したファイルが多くて、復元したいデータを探すことが大変な場合には、削除したファイル表示に、フィルタをかける機能もあります。

画面右側に、削除した日付や期間、保存していたフォルダを指定することができるので、復元するファイルを探しやすくなります。

Dropboxで削除したファイルを復元する方法5

削除したファイルが多くて、探すのが大変な時は、フィルタ機能を活用してみて下さい

今回は、Dropboxで削除したファイルを復元する方法の紹介でした。

その他のDropboxの操作方法は、Dropboxの解説記事一覧から、気になる記事を確認してみてください。

-Dropbox

Copyright© ソフト.com , 2021 All Rights Reserved.