Excel 関数一覧:50音順 関数一覧:ABC順

Excelで割り算の「商」を求めるQUOTIENT関数の使い方

エクセルで割り算した「商」を求める関数の紹介です。

数値の割り算をしたときの「商」を求めるときはQUOTIENT関数を使います。ここではQUOTIENT関数の機能と使い方を紹介していきます。

割り算の商を求めるときに使うエクセル関数です

QUOTIENT関数

数値の割り算をしたときの「商」を求める関数です。

QUOTIENT関数の書き方

Excelで割り算の「商」を求めるQUOTIENT関数の使い方1QUOTIENT関数では、割られる数の「分子」と、割る数の「分母」を指定します。

分子と分母を指定して、割り算をしたときの商を求めることができます。

次は実際にQUOTIENT関数を使って、割り算の商を求めてみます。

実際の使用例を確認してみましょう

QUOTIENT関数の実際の使い方

下の図のようにQUOTIENT関数を使って、割り算の商を求めてみます。この例では、「分子:割られる数」を15とし、「分母:割る数」を3としています。

Excelで割り算の「商」を求めるQUOTIENT関数の使い方2

 

「15÷3=5」となるので、QUOTIENT関数で求められる商は「5」になります。

Excelで割り算の「商」を求めるQUOTIENT関数の使い方3

 

次に余りが出る割り算を、QUOTIENT関数で商を求めてみます。例えば15÷4の商を求めてみます。

この時「15÷4=・・・余り3」と計算されるので、QUOTIENT関数で求めた商は「3」となります。

Excelで割り算の「商」を求めるQUOTIENT関数の使い方4

QUOTIENT関数で簡単に余りを求められます

 

もしも割る数に「0」を指定した場合、数を0で割ることは出来ないので、エラー値(#DIV/0!)が出ます。

Excelで割り算の「商」を求めるQUOTIENT関数の使い方5

0で割る場合は計算できないので、エラーが出ます

 

今度は、マイナスの数が含まれる割り算の商がどうなるかを確認します。

この時「-8÷3=・・・余り-2」と計算されるので、求められる商は「-2」になります。

Excelで割り算の「商」を求めるQUOTIENT関数の使い方6

割り算の「商」を求めるときは、QUOTIENT関数が使えるのでぜひ活用してみて下さい。

その他のExcelの操作・関数は、Excelの操作・関数の解説一覧から、気になる記事を確認してみてください。

-Excel, 関数一覧:50音順, 関数一覧:ABC順

Copyright© ソフト.com , 2021 All Rights Reserved.