Excel 関数一覧:50音順 関数一覧:ABC順

Excelで順列の数を求めるPERMUT関数の使い方

エクセルで順列の数を求める関数の紹介です。

高校数学で習う「順列と組み合わせ」のうち、順列を求める計算に、エクセルのPERMUT関数が使えます。ここではPERMUT関数の機能と使い方を紹介していきます。

もし組み合わせをエクセル関数で求めたい時は、下の記事を参考にしてみてください。

Excelで組み合わせを求めるCOMBIN関数の使い方
Excelで組み合わせの数を求めるCOMBIN関数の使い方

エクセルで組み合わせの数を求める関数の紹介です。 高校数学で習う「順列と組み合わせ」のうち、組み合わせの数を求める計算に、エクセルのCOMBIN関数が使えます。ここではCOMBIN関数の機能と使い方を ...

続きを見る

順列を求める時に役立つエクセル関数です

PERMUT関数

順列を求める関数です。

PERMUT関数の書き方

Excelで順列を求めるPERMUT関数の使い方1

PERMUT関数では、全体の数である「標本数」と、そこから抜き取って並べる数の「抜き取り数」を指定します。

例えば全体で6人いるところから、2人が順番に並ぶ場合に、並び順を求めると、下のように順列の計算で求められます。

$$\Large{}_6 P_2=6×5=30$$

このような順列の計算をエクセルでは、PERMUT関数を使うことで求めることが出来ます。

次は実際にPERMUT関数を使って、順列を求めてみます。

実際の使用例を確認してみましょう

PERMUT関数の実際の使い方

この例では、5人の中から、2人を選んで並んでもらったときの並び順の数(順列)を求めてみます。PERMUT関数を使って、「標本数」に全体の人数、「抜き取り数」に選ぶ人数を指定します。

Excelで順列を求めるPERMUT関数の使い方2

 

これで「5人から2人並べる」順列の計算がされます。

$$\Large{}_5 P_2=5×4=20$$

Excelで順列を求めるPERMUT関数の使い方3

順列を求める時に、PERMUT関数を活用してみて下さい。

その他のExcelの操作・関数は、Excelの操作・関数の解説一覧から、気になる記事を確認してみてください。

-Excel, 関数一覧:50音順, 関数一覧:ABC順

Copyright© ソフト.com , 2021 All Rights Reserved.